ミコノス島を徹底解剖! エーゲ海に浮かぶ白い宝石の魅力とは

ギリシャにある絶景の島といえば、サントリーニ島を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかしながら、同じくエーゲ海に浮かぶ、ミコノス島もギリシャを代表する観光地として、ヨーロピアンを中心にとても人気です。

白い街を彩るように咲き誇る可愛らしい花々やシンボルである風車など、ミコノス島らしい風景が広がります。また、魅力的なビーチを多く持つリゾート地ということが、このミコノス島最大の特徴。さらに、古代ギリシャで聖地とされている、世界遺産「デロス島」へ日帰りで行くこともできます。

「エーゲ海に浮かぶ白い宝石」と呼ばれるほどの美しい島にて、アテネやサントリーニ島とは異なる魅力を満喫してみてはいかがでしょうか。

首都アテネの南東、サントリーニ島の北に位置し、キクラデス諸島に属するミコノス島。そミコノス島へのアクセスは、アテネより飛行機・高速船・フェリーの3つの方法があります。所用時間は飛行機:40分程度、高速船:2時間、フェリー:4時間半となり、1番効率的に移動できる飛行機がおすすめです。

また、ミコノス島とサントリーニ島を行き来できるフェリーが運行しておりますので、2島周遊も可能です。港は、オールドポート/ニューポートと、異なる場所に2ヵ所あります。アテネ発着含め、ご自身の乗船されるフェリーが、どちらの港から発着するか事前にご確認ください。(ミコノス島の地図がページ下部にございます。)

フェリー移動にご興味のある方は、以下のミコノス島⇒サントリーニ島のフェリーの視察レポートをご覧ください。
※フェリーのスケジュールはシーズンや日時によっても変動します。また、日帰りでの往復が難しい距離ですので、ご宿泊されることをおすすめいたします。

視察レポート|ミコノス島発サントリーニ島行きのフェリー

観光可能なシーズンは4〜10月となります。こちらの時期の中でも、特に7〜8月は気温も上がり、ハイシーズンとなります。海で泳ぐことが目的なら6〜9月、遺跡や街巡りが目的なら、春と秋に当たる4〜6月と9〜10月がおすすめです。

オフシーズンにあたる11〜3月は、レストランやホテルがクローズしてしまい、街に活気がなくなります。ご想像と異なる滞在となってしまう可能性もありますので、渡航のシーズンにはご注意ください。

ミコノス島は、リゾートステイを目的の観光客が多く訪れることから、治安はよいとされています。しかしながら、治安のよい日本でも軽犯罪があるように、ミコノス島でも軽犯罪が報告されていますので、以下のことを気をつけましょう。

・街でのスリ(特に、観光客が増えるハイシーズン)
・ビーチでの置き引き

バッグは前掛け、貴重品はホテルのセキュリティーボックスに預けるなどの対策がおすすめです。

ご宿泊されるホテルのある周辺など、エリア内の移動でしたら、徒歩でも問題ありません。他エリアへの移動の場合は、長距離の移動となってしまうため、タクシーの利用、あるいはレンタカーやバギーのレンタルをおすすめいたします。バスが走っているエリアもありますが、運行時間が不安定なため、ご利用の際には注意が必要です。

利用時間に合わせて、事前に送迎手配も可能ですので、ご希望の際はお気軽にご相談ください。

※注意事項※
・バギーやレンタカーのレンタルには、国際免許の持参や保険への加入が必要となりなす。
・タクシーは日本のように流しで捕まえることは困難なため、宿泊ホテルにて手配の依頼をしましょう。特にハイシーズンは予約が取りづらかったり、長時間待つ可能性が高いので、ホテル到着時など、できるだけ早めに予約しておくことをおすすめいたします。

ティースタイルのホームページでは、今までミコノス島をご旅行されたお客様からいただいた旅のリアルな感想・クチコミを「お客様の声」として公開しています。お客様ごとに異なる旅のスケジュールもご紹介しているので、これから旅をご計画のみなさまにもきっと役に立つと思います。

また、トラベルコンサルタントが実際に現地を訪れる視察も数多く実施しています。こちらも「ホテルレポート」や「視察レポート」としてホームページに掲載していますので、参考にしてみてください。

ミコノス島 お客様の声 ミコノス島 視察レポート
【街歩き】街歩きの中心となる、可愛らしいミコノスタウンを散策しましょう。グレーの石畳に、青や赤、緑などの色のペイントがなされた白い壁の街は、どこを切り取っても絵になります。通りには、レストランやカフェ、雑貨屋が軒を連ねます。パーティーアイランドとも呼ばれるだけあり、小さなバーから大型のクラブがあるため、ナイトライフもお楽しみいただけます。

【街歩き】
街歩きの中心となる、可愛らしいミコノスタウンを散策しましょう。グレーの石畳に、青や赤、緑などの色のペイントがなされた白い壁の街は、どこを切り取っても絵になります。通りには、レストランやカフェ、雑貨屋が軒を連ねます。パーティーアイランドとも呼ばれるだけあり、小さなバーから大型のクラブがあるため、ナイトライフもお楽しみいただけます。

【ビーチやホテルでのんびり】イチオシするミコノス島の滞在方法は、海を眺めながらゆっくり滞在すること。島の南部には、クラブミュージックなどの音楽が流れる賑やかなビーチから、静寂に包まれた穴場ビーチまで、さまざまなビーチが点在していますので、ビーチ巡りをしてみてはいかがでしょうか。また、オーシャンビューのお部屋がある、ビーチ周辺のホテルでの宿泊もおすすめです。

【ビーチやホテルでのんびり】
イチオシするミコノス島の滞在方法は、海を眺めながらゆっくり滞在すること。島の南部には、クラブミュージックなどの音楽が流れる賑やかなビーチから、静寂に包まれた穴場ビーチまで、さまざまなビーチが点在していますので、ビーチ巡りをしてみてはいかがでしょうか。また、オーシャンビューのお部屋がある、ビーチ周辺のホテルでの宿泊もおすすめです。

【絶景を楽しむ】高台からミコノスタウンを見下ろした景色や海に沈むサンセットといった絶景を満喫するのもミコノス島を楽しみ方。特に、サンセットは非常に美しく、赤く染まる白い街も必見です。夕日がよく見えるバーやレストランなどでゆっくりしながら、サンセットを眺めましょう。サンセット後のマジックアワーや夜景を楽しむのも忘れずに。

【絶景を楽しむ】
高台からミコノスタウンを見下ろした景色や海に沈むサンセットといった絶景を満喫するのもミコノス島を楽しみ方。特に、サンセットは非常に美しく、赤く染まる白い街も必見です。夕日がよく見えるバーやレストランなどでゆっくりしながら、サンセットを眺めましょう。サンセット後のマジックアワーや夜景を楽しむのも忘れずに。

ギリシャで圧倒的人気を誇るサントリーニ島とミコノス島。どちらも白と青が織りなす景色など、異国情緒を感じられる島ですが、2つの島にはそれぞれの特徴があります。ここでは、その2つの島の特徴をご紹介いたします。渡航する島選びの際にご参考ください。

●サントリーニ島の特徴・断崖絶壁にそびえる青と白の世界が楽しめるミコノス島でも青と白を楽しめますが、断崖絶壁にそびえるイアの絶景はサントリーニ島ならではのもの。・観光できる地区が複数あるサントリーニ島の見所は、イアやフィラだけでなく、遺跡がある地区もあります。・フォトウェディングに最適絶景を背景にフォトウェディングを撮影したい!という方には、サントリーニ島のイア地区がおすすめです。\こんな方にぴったりです/・お部屋のプライベートプールやジャグジーで海を眺めながらゆっくりしたい・世界一とも称されるイアでサンセットを見たい・フォトウェディングを撮影したい

●サントリーニ島の特徴
・断崖絶壁にそびえる青と白の世界が楽しめる
ミコノス島でも青と白を楽しめますが、断崖絶壁にそびえるイアの絶景はサントリーニ島ならではのもの。

・観光できる地区が複数ある
サントリーニ島の見所は、イアやフィラだけでなく、遺跡がある地区もあります。

・フォトウェディングに最適
絶景を背景にフォトウェディングを撮影したい!という方には、サントリーニ島のイア地区がおすすめです。

\こんな方にぴったりです/
・お部屋のプライベートプールやジャグジーで海を眺めながらゆっくりしたい
・世界一とも称されるイアでサンセットを見たい
・フォトウェディングを撮影したい

●ミコノス島の特徴・ビーチも堪能できるサントリーニ島にもビーチがあるものの、火山島のために赤土や黒い砂浜。ミコノス島では、島中にビーチがありますので、海をより近くに感じることができます。・可愛らしい街並みが楽しめるミコノスタウンの街は、白い壁にカラフルなペイントや花々などの装飾がなされている、可愛らしい街並みです。・洗練されたホテルが島中に点在しているミコノス島のホテルは、ある程度広い敷地が確保された、洗練されたおしゃれなホテルが多いです。そのため、広々としたお部屋でおしゃれなホテルに滞在したい方にはぴったりです。\こんな方にぴったりです/・可愛らしい雰囲気の街を散策したい・海辺のビーチでゆっくりしたい・おしゃれなホテルに滞在したい

●ミコノス島の特徴
・ビーチも堪能できる
サントリーニ島にもビーチがあるものの、火山島のために赤土や黒い砂浜。ミコノス島では、島中にビーチがありますので、海をより近くに感じることができます。

・可愛らしい街並みが楽しめる
ミコノスタウンの街は、白い壁にカラフルなペイントや花々などの装飾がなされている、可愛らしい街並みです。

・洗練されたホテルが島中に点在している
ミコノス島のホテルは、ある程度広い敷地が確保された、洗練されたおしゃれなホテルが多いです。そのため、広々としたお部屋でおしゃれなホテルに滞在したい方にはぴったりです。

\こんな方にぴったりです/
・可愛らしい雰囲気の街を散策したい
・海辺のビーチでゆっくりしたい
・おしゃれなホテルに滞在したい

ミコノス島では、お楽しみ方や滞在方法にて、おすすめの滞在エリアが異なります。ミコノスタウンでの街歩きを主に楽しみたい方は、ミコノスタウンエリア。一方でホテルやビーチでゆっくりされたい方は、ビーチ周辺のホテルがぴったりです。周辺にホテルがある人気のビーチをご紹介します。

〜おすすめなビーチ〜
○プサロウビーチ:
美しい景観と海水浴にぴったりなことから、ミコノス島でも非常に人気の高いビーチです。ハイシーズンは混雑してしまいますが、一見の価値ありです。

○エリアビーチ:
ミコノス島最大のビーチ。透き通った海が魅力で、世界中の観光客を魅力しています。

○プラティスヤロスビーチ:
ミコノスタウンから乗り換えなしでバスで行けるため、アクセス良好なビーチ。こちらのビーチも透明度の高いため、人気が高いです。


ここでは、ティースタイルがおすすめするミコノス島のホテルを、エリア別にご紹介いたします。ご希望の滞在にぴったりなホテルをチョイスして、ミコノス島の滞在を思う存分お楽しみください。

●ケンショー プサロウホテルのすぐ外はミコノス島で最も有名なプサロウビーチです。真っ白な砂浜を歩いたり、クリスタルブルーの水に足をつけたり、ビーチのサンベッドでエーゲ海の太陽の光を浴びたりと、穏やかで贅沢な時間を過ごせます。プライベートチャペルや花火、ビデオ撮影など、忘れられない思い出となるウェディングもアレンジ可能です。周辺ビーチ:プサロウビーチ

●ケンショー プサロウ
ホテルのすぐ外はミコノス島で最も有名なプサロウビーチです。真っ白な砂浜を歩いたり、クリスタルブルーの水に足をつけたり、ビーチのサンベッドでエーゲ海の太陽の光を浴びたりと、穏やかで贅沢な時間を過ごせます。プライベートチャペルや花火、ビデオ撮影など、忘れられない思い出となるウェディングもアレンジ可能です。

周辺ビーチ:プサロウビーチ

●ミコニアン ユートピア最高レベルの食と滞在の両方を兼ね備えた会員組織「ルレ・エ・シャトー」の名にふさわしいビーチリゾート。伝統的な白壁のギリシャスタイル建物、水平線と一体となったかのようなインフィニティプール、全室オーシャンビューのゲストルームとスイート、そして優雅なおもてなしなど、ミコノス島で過ごすすべての時間が最高のものとなるでしょう。近くには、インペリアルミコニアンやロイヤルミコニアンと、テイストが異なる系列ホテルもございます。系列ホテルの中から、お好きなテイストでお選びいただくのもおすすめです。周辺ビーチ:エリアビーチ

●ミコニアン ユートピア
最高レベルの食と滞在の両方を兼ね備えた会員組織「ルレ・エ・シャトー」の名にふさわしいビーチリゾート。伝統的な白壁のギリシャスタイル建物、水平線と一体となったかのようなインフィニティプール、全室オーシャンビューのゲストルームとスイート、そして優雅なおもてなしなど、ミコノス島で過ごすすべての時間が最高のものとなるでしょう。近くには、インペリアルミコニアンやロイヤルミコニアンと、テイストが異なる系列ホテルもございます。系列ホテルの中から、お好きなテイストでお選びいただくのもおすすめです。

周辺ビーチ:エリアビーチ

●ペタソス ビーチ リゾート&スパプラティスヤロスビーチから定期的に運航されている小さなタクシーボートでパランガ、パラダイス、スーパーパラダイス、アグラリなどの近くのビーチへ遊びに行ったり、ホテル目の前にあるバス停からミコノスタウンへ訪れることもできるアクセスのいいビーチリゾート。ホテル名にもあるスパが人気で、500㎡もの広さを誇る「アクアマリンスパ」はミコノス島の最高級スパのひとつと称され、さまざまなワールドクラスのトリートメントを受けることができます。最寄りビーチ:プラティスヤロスビーチ / プサロウビーチ

●ペタソス ビーチ リゾート&スパ
プラティスヤロスビーチから定期的に運航されている小さなタクシーボートでパランガ、パラダイス、スーパーパラダイス、アグラリなどの近くのビーチへ遊びに行ったり、ホテル目の前にあるバス停からミコノスタウンへ訪れることもできるアクセスのいいビーチリゾート。ホテル名にもあるスパが人気で、500㎡もの広さを誇る「アクアマリンスパ」はミコノス島の最高級スパのひとつと称され、さまざまなワールドクラスのトリートメントを受けることができます。

最寄りビーチ:プラティスヤロスビーチ / プサロウビーチ

ミコノス島観光 視察レポート

こちらでは、ミコノス島でぜひ訪れて欲しいスポットをご紹介いたします。

【ミコノスタウン】白と青が織りなす街並みは、エーゲ海沿いの街と聞いて思い描く世界そのもので、異世界に迷いこんでしまったのか錯覚してしまいます。とてもコンパクトな街ですが、道は入り組み、まるで迷路のよう。小道を思いのまま散歩しているだけでも、とても楽しい街です。また、お土産さんはこのミコノスタウンに集中しています。

【ミコノスタウン】
白と青が織りなす街並みは、エーゲ海沿いの街と聞いて思い描く世界そのもので、異世界に迷いこんでしまったのか錯覚してしまいます。とてもコンパクトな街ですが、道は入り組み、まるで迷路のよう。小道を思いのまま散歩しているだけでも、とても楽しい街です。また、お土産さんはこのミコノスタウンに集中しています。

【カトミリの風車】ミコノス島のシンボルである、5基の風車。白く塗られた、丸い建物で、藁葺きの屋根はとても印象的。かつては、小麦を挽くために使われていましたが、現在は稼働していません。

【カトミリの風車】
ミコノス島のシンボルである、5基の風車。白く塗られた、丸い建物で、藁葺きの屋根はとても印象的。かつては、小麦を挽くために使われていましたが、現在は稼働していません。

【リトルヴェニス】エーゲ海らしい美しい海にせり出すように建てられた家々がイタリアのベネチアのように見えることから、このような名前がつきました。カトミリの風車をみるのにも絶好のスポット。

【リトルヴェニス】
エーゲ海らしい美しい海にせり出すように建てられた家々がイタリアのベネチアのように見えることから、このような名前がつきました。カトミリの風車をみるのにも絶好のスポット。

【パラポルティアニ教会】300以上ものギリシャ正教の教会がある、ミコノス島。その中もひときわ存在感を示すのが、このパラポルティアニ教会。5世紀頃から7世紀にかけて建設された5つの礼拝堂からな構成され、そのユニークな形から人気の撮影スポットとなっています。

【パラポルティアニ教会】
300以上ものギリシャ正教の教会がある、ミコノス島。その中もひときわ存在感を示すのが、このパラポルティアニ教会。5世紀頃から7世紀にかけて建設された5つの礼拝堂からな構成され、そのユニークな形から人気の撮影スポットとなっています。

【パラダイスビーチ】ミコノスタウンからバスで15分〜20分程度の場所にあるビーチで、ミコノス島の中で人気の高いビーチ。これぞエーゲ海の海と言ってしまいそうな、紺碧の海と白い砂浜が広がります。

【パラダイスビーチ】
ミコノスタウンからバスで15分〜20分程度の場所にあるビーチで、ミコノス島の中で人気の高いビーチ。これぞエーゲ海の海と言ってしまいそうな、紺碧の海と白い砂浜が広がります。

【デロス島】ミコノス島よりフェリーで30分程度で行ける、世界遺産の島。太陽の神アポロンと月の女神アルテミスの生誕の地ということから、古代ギリシャで重要な地とされていました。現在でも遺跡が島中に点在しており、当時の繁栄を垣間見ることができます。

【デロス島】
ミコノス島よりフェリーで30分程度で行ける、世界遺産の島。太陽の神アポロンと月の女神アルテミスの生誕の地ということから、古代ギリシャで重要な地とされていました。現在でも遺跡が島中に点在しており、当時の繁栄を垣間見ることができます。

Qミコノス島では英語は通じますか?海外旅行の経験があまりないので、不安です。

Aホテルやレストラン、王道観光スポットでは、英語が通じますので、不便なく過ごすことができます。

観光客があまり訪れないエリアでは、英語が通じないこともありますので、挨拶などの簡単なギリシャ語を覚えたり、指差し会話帳がついたガイドブックを持参することをおすすめします。

Qどれくらいの滞在日数だとミコノス島は満喫できますか?

A観光名所を回る、ということであれば、移動日を除いて丸1日あれば問題ありません。ホテルにてゆっくりリゾートステイしたいということであれば、移動日以外に、2〜3日間確保するとよいでしょう。

Qミコノス島のビーチでは泳げますか?

A風が強く、波の高いサーファー用ビーチもありますが、泳げるビーチがほとんどです。

賑わってるビーチや観光客がほとんど訪れないプライベート感溢れたビーチなど、島に点在するビーチを巡ってみてはいかがでしょうか。

Qサントリーニ島とミコノス島の移動はどのようにしますか?

A夏季シーズンは、2つの島を結ぶフェリーが運行しているため、2つの島を効率的に移動することができます。

フェリーが運行していない期間に関しましては、アテネに戻って、空路で移動する必要があります。

Qミコノス島のベストシーズンはいつですか?

A春〜夏のシーズン(5月〜10月上旬)がおすすめです。

その他の時期でも観光は可能ですが、時期によってレストランやホテルなどがクローズしていることもあるため、ご注意ください。

Qどのエリアに泊まるのがおすすめですか?

Aミコノス島での滞在スタイルによって、おすすめのエリアが異なりますので、お客様のご希望に合わせて、最適なエリア/ホテルをご提案いたします。

ミコノス島には、観光地が集まるミコノスタウンへアクセスしやすいホテルや、街の喧騒から離れたビーチ沿いのホテルなど、すてきなホテルがたくさんあります。

上記ホテル以外にもたくさんおすすめホテルがありますので、まずはお問い合わせください。

関連記事

サントリーニ島 ハネムーン特集 ギリシャ オーダーメイド特集

2020.7.30 updated