オーダーメイドで一生忘れられないギリシャ旅行に!

神話にまつわる遺跡と絶景の島々を持つ国、ギリシャ。

青と白のコントラストが眩しいサントリーニ島、白い家々とカラフルな花々が映えるミノコス島、圧倒的存在感を放つ遺跡が残るアテネ。その風光明媚な風景の魅力に取り憑かれた旅人は数知れず。魅力が溢れている国だからこそ、元々内容が決められたパッケージツアーではなく、ご旅行内容をご自分のアレンジをされたいお客様も多いのではないのでしょうか。
ティースタイルでは1組1組のご希望をおうかがいし、トラベルコンサルタントがお客様と一緒にオリジナルのオーダーメイドツアーをプランニングいたします 。
オリジナルの個人旅行だから、観光やフリータイムも思いのまま。個人旅行に慣れていない方やヨーロッパ旅行が初めてという方には、日本人の街歩きガイドによるサポートも可能です。

ティースタイルでご提案するオーダーメイドツアーは、すべてお客様のご希望をもとにプランニングします。

◎ご希望の出発日、日数でツアーを組み立てることができます
◎訪れたい都市だけを組み合わせることが可能です
◎都市ごとにホテルをお選びいただけます。ホテルの指名もOKですし、基本は4つ星クラスで、1か所だけゴージャスに!・・・などのご要望も承れます
◎必要な箇所のみ、日本語ガイドや現地ツアー、送迎を組み込むことができます
◎ご不安な点は担当トラベルコンサルタントにとことんご相談いただけます
◎ご予算に応じてプランニングします

パッケージツアーでは叶えられないお客様のご希望をひとつずつ解決しますので、せひご相談ください!

ティースタイルでオーダーメイドのギリシャ旅行の夢を叶えた最新の「お客様の声」をご紹介します!

ギリシャへ旅行されたお客様の声をもっと見る

また、トラベルコンサルタントが実際に現地を訪れる視察も数多く実施しています。こちらも「ホテルレポート」や「視察レポート」としてホームページに掲載していますので、参考にしてみてください。

ギリシャ 視察レポート

サントリー二島以外にも魅力あふれる島や都市があります。特に人気の観光スポットをご紹介いたします。

【クレタ島】ギリシャ最大の島。アテネにも劣らないほどの遺跡が数多く存在し、特にクノッソス宮殿は必見。水の都ヴェネツィアと似た町並みが多く見られるのも特徴です。

【クレタ島】
ギリシャ最大の島。アテネにも劣らないほどの遺跡が数多く存在し、特にクノッソス宮殿は必見。水の都ヴェネツィアと似た町並みが多く見られるのも特徴です。

【ザキントス島】イオニア海に浮かぶザキントス島。崖の上から眺めるナヴァイオビーチは、青い海が美しい絶景として知られ、多くの観光客が訪れます。また、ジブリの映画『紅の豚』の舞台とも言われています。

【ザキントス島】
イオニア海に浮かぶザキントス島。崖の上から眺めるナヴァイオビーチは、青い海が美しい絶景として知られ、多くの観光客が訪れます。また、ジブリの映画『紅の豚』の舞台とも言われています。

【テッサロニキ】アテネに次ぐ大都市、テッサロニキ。アテネに劣らず、世界遺産に登録された歴史的建物が存在しています。マケドニアの首都になった過去もあり、その歴史が色濃く残った建造物を楽しんではいかがでしょうか。

【テッサロニキ】
アテネに次ぐ大都市、テッサロニキ。アテネに劣らず、世界遺産に登録された歴史的建物が存在しています。マケドニアの首都になった過去もあり、その歴史が色濃く残った建造物を楽しんではいかがでしょうか。

オーダーメイドプランだからこそ、複数の島周遊など、お客様のご希望を何でもお伝えください。お客様の願いを叶えることが私たちの喜びですから、ご希望に沿えるようにできる限り力を尽くします。ぜひご相談ください。

多くの方が一生に一度は訪れたい地と語るサントリーニ島。青と白が織りなす素敵なコントラストの街、世界一と称されるほど美しいサンセット、新鮮なシーフードなど魅力溢れた島で最高のバカンスをお過ごせること間違いなし。 イア地区の断崖絶壁には、世界中から予約が殺到するラグジュアリーホテルが立ち並びます。ご希望に沿ったホテルをご提案いたしますので、「夕日を眺められるホテル」「プライベート感溢れた隠れ家的ホテル」など、ホテルのご要望をお気軽にお伝えください。

ホテルの視察レポートが充実!

サントリーニ島 視察レポート

「高い丘の上の都市」を意味するアクロポリス。圧倒的な存在感のあるパルテノン神殿だけでなく、エレクティオン、アテナ・ニケ神殿、ディオニソスの劇場なども外せません。オリンポスの神々を祀った神域に足を踏み入れましょう。アテネの市内観光のお手配もお任せください。

アテネ 視察レポート

ギリシャの礎を築いた古代遺跡を残す島々を心ゆくまで散歩しましょう。また、魅力は遺跡だけではありません。クレタ島、ロードス島共にヨーロッパ屈指のリゾート地。知る人ぞ知る絶景ビーチで至福の時間を過ごしてはいかがでしょうか。離島の手配もお任せください。

アテネから空路で30分の場所にあるザキントス島。そこには、スタジオ・ジブリの作品『紅の豚』の舞台となったシップレックビーチがあります。断崖絶壁に囲まれたコバルトブルーのビーチ、青の洞窟、難破船と、最高の一枚を撮れること間違いなしです。ザキントス島までの飛行機だけ、島の市内観光も合わせて手配など、お客様のご要望に沿ってお手配いたします。

ザキントス島 視察レポート

白い街、風車がシンボルのミコノス島。街中には咲き乱れる花々と街の色のコントラストを楽しみながら、散歩をしましょう。街の色をオレンジに染めてしまうほどのサンセットも見逃せません。「せっかくギリシャまで行くのだから、いろいろな島を巡りたい…」というご要望にもお応えいたします。

ミコノス島 特集

この地でゼウス神に捧げられた祭典として、オリンピックが生まれました。現在もオリンピックの聖火の採火式が取り行われていることもあり、世界中から観光客が絶えません。アテネから車で片道5時間以上かかってしまうため、ホテルを確保して、ゆったりと滞在してはいかがでしょうか。そのようなお手配もお任せください。

1000を超える世界遺産のなかでも数少ない複合遺産の一つ。現在も6つの修道院に入ることができ、内部には貴重なフレスコ画などが展示されており、見ごたえがあります。

スペイン料理やイタリア料理と共に、ユネスコ無形文化遺産に登録されているギリシャ料理。オリーブオイルを多彩な野菜に、ふんだんに使われる種類豊富のシーフード魚介類が大きな特徴です。また、人気のギリシャヨーグルトを本場で召し上がってはいかがでしょうか。レストランの手配もお任せください。

フランスやイタリアなど他のヨーロッパの国だけでなく、航空会社の乗り継ぎを利用したドバイ、イスタンブールとの周遊旅行も可能です。

フランス・パリ

フランス・パリ

イタリア・ローマ

イタリア・ローマ

ポルトガル・リスボン

ポルトガル・リスボン

Qギリシャの治安は大丈夫ですか?

Aギリシャの治安は悪くはありませんが、スリや置き引き、ひったくりなど、観光客を狙った犯罪は数多く報告されています。必要以上に怖がることはありませんが、ちょっとした注意で防ぐことができるので、現地での行動に気を付けてみてください。

・現金はたくさん持ち歩かないこと(ホテルのセイフティボックスに預けたり、小分けにして使わない分は肌に密着したポーチに入れたりしましょう。)
・ハンドバックやリュックサックなどは前で抱えるように持つこと
・知らない人が話かけてきても相手にしないこと(地図を広げて道を聞いてきたり、土産ものを売りつけてきたりと気を引いて、その間に別の人が盗むという手口が横行しています)
・レストランやカフェなどで席を取るためにカバンは置かないこと(戻ってきたらなくなっていたという事例もあります)
・高額なアクセサリーや時計を身につけないこと
・上着やズボンのポケットに貴重品を入れないこと
・カメラやスマートフォンなども必要な時にだけ出して使うようにすること

Qギリシャ旅行のベストシーズンはいつですか?

Aサントリーニ島のあるギリシャは地中海性気候で、年間を通して降水量は少なく温暖です。特に夏は高温になりますが、カラッと晴れた日が多く、湿度が少ないので過ごしやすいです。ただし陽が沈むと急に温度が下がります。朝夕冷え込むこともありますので、羽織るものをご用意いただくのがよいでしょう。
観光シーズンは5~10月ですが、ビーチで泳ぎたいなら6~9月あたりがベストです。7~8月は陽射しが強いので、日焼け止め、帽子、サングラスなどの紫外線対策はしっかりとご準備ください。

11~3月は天候がよくなく、オフシーズンとなります。なかでも11~1月は比較的降水量が多くなります。サントリーニ島ならではの絶景が楽しめないことも。さらに飛行機やフェリーの本数が減るうえ、ホテルやレストランもクローズするところが多くなります。もしご旅行の場合は、しっかりと計画を立ててお出かけいただくのをおすすめします。

Qギリシャ旅行に持っていった方がいいものはありますか?

A<シャンプー&コンディショナー>
ホテルによってはシャンプーしか置いていないことがあり、たとえシャンプー&コンディショナーが揃っていても日本人の髪質に合わないことがよくあります。ただでさえ、ヨーロッパの硬水が日本人の肌や髪に馴染みませんので、日本からご持参いただいた方がよいでしょう。

<パジャマや歯ブラシ>
パジャマや歯ブラシも基本的にホテルにございませんので、日本からお持ちください。

<足用冷却ジェルシート>
ヨーロッパは石畳の道のうえ、毎日、観光でとても歩くので、必ず履きなれた歩きやすい靴をご用意くださいね。それでも思っている以上に足が疲れます。足用冷却ジェルシートを夜貼って眠ると、翌日も頑張れますよ。

<エコバッグ>
小さなお土産が増えた際にも使えますし、スーパーでも袋をくれないこともあるのでバッグに入れておくと便利です。

<各都市地図のコピー>
街中でガイドブックを広げていると観光客であるというアピールとなり、ガイドブックに集中しているうちにスリに狙われやすくなります。現地でパッと確認用に地図を見られるように、折りたためるような地図をお持ちいただくととても便利です。もちろんガイドブックに付属の地図でもよいですし、ガイドブックをコピーされた地図でもよいです。

魅力いっぱいのギリシャ。行きたい都市、やりたいこと、滞在してみたいホテルをセレクトして、自分だけのオリジナルツアーをプランニングしましょう。ギリシャ以外の国との組み合わせも可能です。トラベルコンサルタントがお手伝いさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ギリシャ・ページへ

※内容は予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。