イスタンブール視察ブログ

【ホテルレポート】アジュワ スルタンアフメット(トルコ・イスタンブール/2023年12月視察⑬)

こんにちは! トラベルコンサルタントの宮本です。2023年12月、ティースタイルのトラベルコンサルタント5名でトルコのカッパドキアとイスタンブールへ視察に行ってまいりました。イスタンブールでどのホテルに泊まるのか…、立地も重要ですし、せっかくならトルコ感もあるホテルに泊まりたいと思いますよね。今回視察をしてきた中で、2018年にオープンした旧市街の5つ星ホテル「アジュワ スルタンアフメット AJWA Sultanahmet」を紹介いたします。エントランスはコンパクトですが、丁寧な彫刻でモスクの入口のようでした。まるで白亜のイスラム建築のようですよね。

アジュワ スルタンアフメットのエントランス

アジュワ スルタンアフメットのエントランス

こちらのホテルはアゼルバイジャン人の方がオーナーだそうです。トルコは全体的に観光客への宗教的なルールは少ないのですが、こちらのホテルではアルコールの提供販売はございませんので、あらかじめご了承ください。ただ、買ってきてお部屋でお酒を飲むのは問題ないとのことでした! 立地は旧市街の比較的グランドバザール寄りにあり、ブルーモスクまでは徒歩約12分、グランドバザールまでは徒歩約7分です。

今回は3タイプのお部屋を視察させていただきました。

■デラックスルーム(今回は308号室) 
スタンダードタイプのお部屋となり、広さは約32㎡。お部屋により街側と海側のお部屋があります。ベッドエリアはウッド調で落ち着いた雰囲気です。海側のお部屋に関しては4階~7階まであり、6階以上だとシービューと言えるそうで眺めも良くなるとのことでした(事前確約は不可ですが、ホテルへのリクエストとして伝えさせていただくことは可能です)。

デラックスルーム

デラックスルーム

デスクスペース

デスクスペース

バスルームは、明るくきらびやかな印象でした。

バスルームも高級感がありました

バスルームも高級感がありました

シャワールームにはトルコらしいタイルが!

シャワールームにはトルコらしいタイルが!

■ファミリースイート(今回は301号室)
お部屋の広さは約47㎡となり、メインのベッドルームのほか、シングルベッドが1台置いてあるお部屋がありました。お部屋名の通り、ファミリーでご利用いただくのにおすすめです(※お部屋からの眺望はなし)。

メインベッドルーム

メインベッドルーム

シングルベッド1台のお部屋

シングルベッド1台のお部屋

ソファエリア

ソファエリア

シャワールーム

シャワールーム

■スルタンスイート(707号室)
7階にあるスイートルームで、お部屋の広さは120㎡。豪華絢爛という言葉がぴったりなお部屋です。

ベッドエリア

ベッドエリア

広々としたお部屋の一部

広々としたお部屋の一部

ソファもたくさんありました

ソファもたくさんありました

映画『美女と野獣』のお城にありそうな時計とキャンドルスタンド

映画『美女と野獣』のお城にありそうな時計とキャンドルスタンド

窓からの景色

窓からの景色

青のタイルが印象的なバスルームがさらに豪華でした。シンクは2台あり、広めのバスタブとは別でシャワールームがあり、なんとサウナ室までありました。

バスルーム

バスルーム

シャワールーム

シャワールーム

サウナ室

サウナ室

最上階にある「ゼフェランレストラン(Zeferan Restaurant)」は宿泊客以外も利用でき、昼食と夕食はアゼルバイジャン料理、トルコ料理、およびインターナショナル料理をアラカルトでお楽しみいただけます。また、宿泊した場合の朝食会場もこちらとなり、朝食の営業時間は6時~11時(2023年12月時点)、オープンビュッフェスタイルだそうです。夏は窓と天井が開いてオープンテラスのようになるそうで、景色も良かったので、ここでの朝食は最高だと思います!

レストランのお席一例

レストランのお席一例

レストランのお席一例

レストランのお席一例

宮本 佳織

トラベルコンサルタント 宮本 佳織

アジュワ スルタンアフメットは、あちらこちらに上品な高級感があり、ハネムーンのお客様にぜひおすすめしたいホテルです。旧市街エリアは高層階のホテルは多くないので、レストランからの景色はなかなか新鮮でした。トラムが走るメインストリートへも徒歩4分ほどで出ることができ、周辺にはレストランなどもたくさんあるので、立地を重視したい方、アラビア感やトルコ感の雰囲気が好きな方に、ぜひ滞在していただきたいです。泊まってみたくなった方は、ぜひティースタイルまでお気軽にお問い合わせください。


トラベルコンサルタント 宮本 佳織のご紹介
アジュワ スルタンアフメット 公式HP トルコのページへ